No image available

下取や買取等の方法においてはどっちがお得でしょうか!?そのあたりに関して確認していきましょう

自家用車を売却したいケースでの方法としては買取りや下取りという方法がございます。下取りといえばおニューの自分の車をゲットした時点で、今までの自動車について買い取っていただけるものです。そのくるまがドライブができる状況だったとしたら買値が付くのですが、とても古すぎた際は逆に処分の為のお金を求められるケースだってあるでしょう。

下取りは専門ショップが買い取るという訳じゃないですから、高値引受けはムリだと思いますが、おニューのクルマと取り替えるような形で乗り換えすることが可能というメリットがあります。一方買取ですと、専業の中古車買い取りの専門店に依頼して引受けして頂くものです。そのタイミングがややこしいといったデメリットが存在しますが、買取された所有車というのは中古の自動車ということで流通されるのがもとから決まっておりますので、わりと望むような価格での売却が期待できるでしょう。

下取、買取どちらのケースでも売却の際には必要書類をまずは準備しておくことが必要です。どういったものが必要なのかというと、車検証の原本とくるまの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証となります。さらに実印や印鑑証明、住民票等も必要です。

譲渡の時には委任状や譲渡証明書なども必要書類になりますが、それらについては買い取りの専業店にて準備してくれるはずです。買い取りをお願いする側としては、車検証、納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証、実印、住民票更に印鑑証明書を準備しておきましょう。鑑定の際もこれらに関してはチェックが入るので、なくしたケースだとまた発行してもらうこととなります。

仮に無くしたケースでも審査額自体は受けることができますが、すぐに引取りは行えないので鑑定額に良くない影響が生じます。