No image available

下取りと買取りの方法だとどちらの方がおすすめでしょうか?そのあたりを見ていこう

使った車を売り払うさいの手順には下取や買取といった種類がございます。下取りに関しては、新しい愛車を入手した時点で、それまでu-carについて買い上げてくれるものです。まだ運転が差し障りない車だとしたら買値が期待できますが、あまりにも古かったケースですと逆に廃車にする費用を求められるケースも考えられます。

下取の場合は専門業者が買い取るとはならないので、希望金額での引受けは期待できませんが、おニューの愛車と交換で乗り換えすることが可能といういい面があります。もう一つの買取の場合は、それを専業としているユーズドカー買取り業者に依頼して買取をしていただくものです。その際の手続きが難しいといった短所も有りますが、引き取られた愛車については中古の自動車ということで流通されるのが元々決定事項ですので、わりと高い値段での買取りが期待できるはずです。

下取、買取どちらであっても売り払う場合には必要な書類を準備することが必要となるでしょう。必要書類としては車検証の原本とくるまの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証となります。そして印鑑証明書や実印、住民票なども必要です。

売却のときには譲渡証明や委任状なども使うのですが、これらについては買い取りの専門店で準備してくれるでしょう。譲渡を頼む側としては、車検証、自動車税納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、実印、住民票あとは印鑑証明が用意すべきものになります。値踏みの時もこれらが確認されるため、無くしたさいは再度発行して頂く必要があります。

たとえ紛失のケースでも品評そのものだけをしてもらうことはできるのですが、即譲渡はしてもらえないので見積もり価格にデメリットが生じます。