No image available

不要車を売りはらうときの段取りにかかわることを、ここでしっかりと把握しておきましょう

中古自動車を処分する時の手立てとしては下取り、そして買い取りというのが一般的ですよね。下取の場合というのはおニューの自分のくるまのを入手する際にこれまで乗っていた古い車を買受して頂くというものです。ほとんどディーラーが引受けをすることになるため買取額はやや低価格になる場合が多いです。

一方、買い取りの場合には愛車買取専門ショップがやっているもので、使用済みの車として販売する事を予定に買取の値段を決めるので、意外と高値での買上げが望めるでしょう。どちらにしても使った自動車を引き受けてもらうことであり、、売り払う前に引き取りプライスを決定するための値踏みがおこなわれます。

値踏みをしてもらう場合気になるのがリサイクル料になります。中古の車の審査で提示される額としてはその自分の車のそのものの価格、中古車に付いてくるリサイクル料や自賠責保険というものを含んだ値段の二つの種類が有ります。リサイクル料はそのユーズドカーを手に入れたさい、又はリサイクル料が未納だったケースでは車検を受けた時支払いとなるもので、後に使用済みの自動車を廃車として解体する場合に必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等をリサイクルするためのコストという名目で使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体処分する場合にJARSから払われるということとなります。

その際の代金は、軽なら8千円ほど、国産車で10000円程、外国の車等だと1.5万円ほど、それ以外で20000円程を入れる必要性があったりもします。大概の自動車買上であれば、そういったリサイクル料金を使った車の買上プライスとは別として引き取られるというような事になるのですが、リサイクル代金をいれて見積もり金額となってるケースも有り、買い取りを依頼する際に前もってチェックしておくということが大切です。