No image available

中古の自動車の査定というのは月賦払い完済前であってもいいの?今一度チェック!

中古車の買取り業者に査定を依頼したはいいけど、ローンが完済できていないという事もあり得ます。そんなケースでは、その売るつもりのユーズドカーの所有が自分なのかそれ以外の人であるのかを何はともあれチェックすることが必須です

本当のところ、名義についてはどのあたりを確認すると分かるかというと、自動車検査証に載っている氏名が使っていた自動車の名義の方となります。

自動車を手に入れた際に銀行系のローン支払いを組んだ場合だと、こちらの「自動車検査証」に載っているお名前が自分自身の氏名になっていますが、そのローンを契約したのが信販会社である場合だと名前がそちらの記載となる筈です。信販会社でローンを組む場合になぜこのようにクレジット会社を名義人として記載しているかと言えば、回答としては返済が滞納された場合に、直ちにそのくるまを差し押さえして確保できるようにするためです。

そのような事情で所有権がローン会社にある際はそちらのお車を勝手に売却は出来ません。とにかく売り払いたいならとりあえず支払いを全部支払するか割賦契約の設定し直しをすることで持ち主をアナタの名前に変えた後で売り払う必要があります。ですが、実際問題そんな事が出来るのは現在持っている現金がとても多い場合に限られます。であるならば、資産があまりないケースではどうすることがいいのでしょうか。

こんな場合は、値踏みを行ってくださった古い自動車買取店にワケを話せば、マイカーの買値から残債分を賄い、所有者のところを貴方自身の姓名にチェンジしてもらうことができるという訳です。手続きについても全部お店の方にお任せできるので心配ないです。