No image available

使った自動車の査定は分割金の完済前であったとしても大丈夫?今一度チェック!

中古車の買い取り専門店に値踏みを頼んだものの、割賦払いを完済していないという場合もあるかもしれません。そのような時には、その売りたい不要車の所有者がご本人なのか他の方であるのかを取りあえず確認することが必須です

実際のところ、名義についてはどこを確認するといいのかと言えば、自動車検査証に書き込まれている名前の方がその使っていた車の持ち主となります。

今のマイカーを買った際に銀行が提供している分割払いを設定した場合だと、この「車検証」に載っているお名前が自分自身の氏名になっていると思いますが、ローン支払いを組まれたのがクレジット会社だった時には名前がローン会社の記載となっているのです。信販会社でローンを組む場合にどんな理由でこういった形でその会社を所有権者として登録しているのかと言いますと、それは毎月の支払いが滞った場合、直ちに愛車を担保という形で確保するためです。

こんな理由から所有権がローン会社にあるケースではそちらのマイカーを好き勝手に売ることはできないのです。それでも売却したいのであれば先に返済を全部完済するかローンの組み換えによって所有権を貴方の名前に変えた後で売ることが求められます。とはいえ現実問題こんなことができるのは今お手持ちの資金がたくさんある時に限られます。じゃあお金がない時はどんな方法を取るのが望ましいでしょう。

そうした場合は、診断を行ってくださった使った車買い取り専門店に相談すると、中古の自動車の買値から残った返済分を賄い、所有者の部分をご自分の名前に変えていただくことが可能です。手続きについても完全に買取り業者にオマカセ可能なので大丈夫です。