No image available

使った自動車を売りわたすときの手順についてですが、ここらで可能な限り確認していきましょう

不要車を売り渡す際の手立てというと下取りと買取りがありますよね。下取の場合というのは次の車を入手する時にいままで乗っていた中古の自動車を買い上げて貰うというものです。主としては新車のディーラーが買取を行うので売値のほうはどっちかといえば低く見られがちです。

一方で買い取りの方はユーズドカー買い取り専門店がおこなっているもので、マイカーという名目で販売することを予定して買受の値段を決めるため、どちらかというと高プライスでの買受けが期待できます。何れにしろ中古車を引き受けてもらうことであり、、売り払う前に買上げ金額を決めるための品評が行われることとなります。

値踏みをして貰う時気になるのがリサイクル料になります。中古の車の値踏みで出してもらう価格というのはその自分の車のそのものの金額、自分のクルマのに附随するリサイクル料や自賠責保険といったものを合計した値段の二種類が存在します。リサイクル料については使用していた車を手に入れた時、若しくは「リサイクル料」が未払いだった場合には車検を通したさいに支払いとなるもので、この先中古の車を廃車として処分する時に必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などリサイクルする為の費用として使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、解体処分するさいに自動車リサイクルシステムから支払されることとなります。

その場合の代金は大体、軽で8千円位、国産車であれば10000円位、外国の車とかで1.5万円位、その他で2万円ぐらいを入れる必要性があります。大概のユーズドカー買受だと、そうした「リサイクル料」を自動車の引き受け額とは他のものとして買取られるという事になるのですが、リサイクルの料金を含めて評価の価格となってる場合もあり、買取をお願いする場合には前もって確認しておくということが必要です。