No image available

使っていた車を売り払う際の仕方にかかわることを、こちらのページで可能な限り理解しておきましょう

使った自動車を売りわたす時の手続きというと下取、そして買取が一般的です。下取の場合というのはおニューの中古車を入手する際にこれ迄お乗りの不要車を引き上げていただくというものです。大体は新車販売会社が買い取りをすることになるので売値の方は割と低目に見られることが多いです。

もう一方の買い取りの場合には中古車買取専門ショップがやっており、中古車という名目で売ることを前提として買取りの金額を決定するので、割りに高プライスでの買取が望めるでしょう。いずれにしても使用ずみの自動車を買い取ってもらうことであり、売る前に買上価格を決定するための見立てがおこなわれます。

見たてをして貰うさいに気になるのはリサイクル料です。u-car見立てで出してもらう価格というのはその所有車そのもののお値段、ユーズドカーについてくるリサイクル料とか自賠責保険というものを含めたお値段の2つの種類がございます。リサイクル料については使用した自動車を手に入れた際、もしくはリサイクル料が未払いの時には車検を受けた際に支払われるもので、のちに使用済みの自動車を廃車として解体する時必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などなどリサイクルするさいの費用という名目で使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体処分する場合JARSから支払われるということになります。

その時の料金は、軽自動車なら8千円くらい、国産車で1万円程、輸入車等だと1.5万円ほど、それ以外で2万円ぐらいをいれる必要がございます。大半の不要車買い上げの場合、こういった「リサイクル料」をクルマの買い受け値段とは他のものとして買い取りされる事になるワケですが、リサイクルの代金を含めて評定金額としている場合も有り、引受けを希望する時にはまずはチェックしておくことが必要です。