No image available

古い自動車の買上に修理歴はどのくらい影響してくるか見ていきましょう

使用ずみの車の引取りを希望したときは、初めに評定を受けるのが順序です。その際の格付けに関してはお店のの人が行うわけですが、くるま市場の金額などから金額がはじき出されるといったものになります。

たいがい使っていた車のとして売られているプライスの20~30%ほどが買取り価格と言われているようですが、好評なくるまであったり、珍しいくるまであったりする際には思った以上の高プライスが出るなどのときもあるのです。その他、年式は新しい方が無論高く売れます。一方、そういった買取の値段はその使用ずみの車が万全な状態の場合であり、万全ではないときは値踏みは厳しくなります。その中でも修理歴というのは査定額にかなり響きます。

事故車といっても定義が微妙ですが、基本的にはクルマの基礎であるフレームの方にまで影響しているようなアクシデントをしてしまったくるまは事故車という事になります。この事故歴のある車は将来的になにか被害が出てしまうという危うさが有りますので、買取り価格では悪材料となってしまいます。一方、フレームの方にまで影響しておらず、外側を修繕した程度であれば無問題ですが、それでも事故歴がつくことになります。

もちろん修復歴はついてしまいますのでマイナスの影響は有るわけですが、事故車よりも見積もりが低くなることはありません。あと、エンジン等に不具合が出ている時もマイナスとして鑑定されますし、通常の維持管理の良し悪しが見積もりに影響されます。

このあたりは素人には分からない部分ですが、見積りを行うショップではシッカリその辺りも確認してきます。

どちらにせよ修理歴としては無いという事が自分の車の買取プライスがアップできるかどうかのポイントになります。